学校へ行けなくても大丈夫!!
不登校対応コース

不登校対応コース
2つの支援コース
カリキュラム(通学型)
サポート実例

学校や教育委員会での不登校児童・生徒へのフォロー体制も充実してきましたが、まだまだ足りていないのが現状です。毎日絶やさずフォローしなければ将来の夢を叶えられなくなります!

不登校のお子様を専門的にフォローします。お子様の状態に応じて、サポート方法を変えていきます。生徒のわずかな表情を見逃がさず、心を込めた授業をします。生活サイクルも改善修正を図ります。学校に通えない生徒、自分に合う学校がない生徒のための砦としています。

目標

  • 学校準拠の授業内容理解
  • 高校受験
  • 高卒認定試験
  • 協調性社会性
  • 学校への復帰

様々な目標達成を叶えていきます。


不登校サポート

学校へ行けなくても、大丈夫 学校へ行けなくても、大丈夫
実際に不登校経験があるスタッフが、その子の気持ちに寄り添い、無限の可能性を引き出します。
将来に向けて、今できるベストな方法を一緒に考えましょう。


家庭教師での対応も可能
一度、学校から足が遠のいてしまうと、次からはなかなか行きにくいもの。
家から出ることが難しくなってしまったお子様には、家庭教師での対応も可能です。学習の遅れも、無理なくゆっくり取り戻していきましょう。
当校では、まず講師とお子様との信頼関係を築くところから始めます。
時間がかかることもありますが、しっかりと信頼関係を築いたあとは、学習の吸収がとても早くなります。まずはご自宅に伺い、お話を聞かせていただきます。
外出が可能なお子様については、さまざまな年齢の塾生との交流を通じて社会性を取り戻していくこともできます。


遠隔でもしっかりサポート
ご希望があれば、パソコンやタブレットなどを使用して、お子様の学習の進捗状況の確認も行います。
もちろん、疑問や不安なことの相談などでも大丈夫。
強引に外出させないことで、お子様の負担を軽くし、自宅での勉強習慣を身につけます。


塾のお手伝い犬「ハンナ」 とのふれあいを通じた心のケア
動物には、人を癒す力があります。
ワンちゃんと触れ合うことで、心のケアをしていきます。
塾のお手伝い犬「ハンナ」が待っています♪
(犬種:英国ゴールデンレトリーバー、セラピードッグの訓練中)


サポート実例
サポート実例1 ●3年間、中学校に通えなかったKさん
 自宅に通い一緒に食事をしたり、外出したりしながら打ち解け、本格的な授業へ移行。現在、高校1年生で高卒認定資格を取得。大学進学に向け独自のカリキュラムで高3範囲を学習中。

サポート実例2 ●小学6年生のHさん
 不登校期間数か月。4・5年生の学習のブランクを把握・分析し、Hさんに合った効果的な教材を選定。数か月で遅れを取り戻し、中学受験にも挑戦。周囲も驚くほどの追い上げをみせる。

サポート実例3 ●高校1年生のRさん
 ゲームにのめり込み、昼夜逆転の生活から数か月間不登校に。ゲームを封印し復学のために毎日の課題を多めに設定。意欲的にこなす。現在は医学部を目指し完全復学。