小学部

 

【公立中高一貫校対策コース】

屋代高校附属中・諏訪清陵高校附属中の受験をお考えの方へ

屋代高校附属中・諏訪清陵高校附属中学校合格のため、公立中高一貫校対策用として、適性検査によく出題される形式の試験対策を行います。日能研や全国公立中高一貫校対策問題などが有効です。また、小学校6年間の学習内容を確実なものにさせ、様々な問題を考えることを楽しめる姿勢や、難問を考え抜ける強い意思、考えを相手に確実に伝える表現力なども養えるよう授業しています。

屋代高校附属中・諏訪清陵高校附属中の入学試験は、学力試験、適性検査、集団面接、調査書による選抜です。屋代高校附属中・諏訪清陵高校附属中の場合は、課題解決力と情報分析力と自由な発想力が必要な適性検査Ⅰ・Ⅱが実施されています。情報分析力と課題解決力が最重要です。

【指導形態】

生徒2名に対し講師1名の個別指導で、生徒の学習状況を考慮し、一人ひとりに合わせた最適な方法で授業をおこなっております。中学受験とはいえ、公立中高一貫対策と国立・私立では受験対策の質が大きく異なり、公立中高一貫適性検査対策の場合は課題解決力と情報分析力と自由な発想力が必要です。このことから本校では、日能研の教材、全国公立中高一貫校過去問などを活用し独自の対策を行っています。国立・私立中受験の学力テストでは各教科ごとの知識が問われています。屋代高校附属中・諏訪清陵高校附属中学校の場合は、各教科の基礎学力(学校のテストは90以上~100点)は入学試験を受ける切符のようなものであり、適性検査対策が必須となります。

【指導科目】

適性検査対策 国語 算数 理科 社会 作文対策 面接対策等
屋代高校附属中・諏訪清陵高校附属中学校の適性検査および学校の評価向上のために、必要な教材を用いて指導しております。一般的な中学受験とは一線を画した公立中高一貫校受験でありますので、必要な教材を必要なタイミングでご利用いただいています。
情報分析力と課題解決力を養える日能研や全国公立中高一貫校対策問題などが有効です。

【合格実績】

 2020年度:諏訪清陵高校附属中合格

 

【私国公立中対策コース】

信州大学附属中/長野日大中/秀峰中/佐久長聖中の受験をお考えの方へ

国立と私立では学力試験の内容も異なるため、各中学校の入学試験に対応できるよう指導を行っております。県内の国立大学附属中学は、長野市に信州大学教育学部附属長野中学と松本市に信州大学教育学部附属松本中学があります。信州大学教育学部附属長野中学の入試は、8月下旬~9月上旬に行われていましたが、平成28年度入学生の入試から10月に平成31年度入試は11月になりました。

そして令和2年度入試では屋代高校附属中学や長野市立長野中学と同日(12月)に変更されました。諏訪清陵附属中学校、屋代高校附属中学校と併願するパターンもあります。過去問は完璧に回答できるように対策し、さらに中学受験では作文の能力を重視する学校が全国的に増えており文章校正能力も必要です。県内でも入試で作文を課す学校が主流になってきています

秀峰中は年々難易度が増加、競争率が高くなっています。入学した後の先取授業は諏訪清陵附属中の使用する教材を1年先取で使用するなど目を見張るものがあります。実際に子どもたちが「中学受験をしたい」と考え出す時期は受験の約半年前が多いですが、半年間での対策期間では合格はなかなか大変です。そのような子どもたちにも可能な限り合格を勝ち取れるよう、精一杯のサポートを行っておりますが、「中学受験をしたい」との思いがお子様に出てきた場合には、お早目にご相談ください。

 

【合格実績】

 2021年入学:秀峰中等教育学校合格